France 2 の危機

 国営の FRANCE 2 が、1986年のTF1民営化以来の苦境に陥っています。
 特にニュースの分野で民放のテレビ局と視聴率を争っていますが、視聴者はTF1のニュース番組に好意的ですから、FRANCE 2 の編集部はいろいろ困難な時期にさしかかっていました。フランスのメディアの世界での FRANCE 2 の位置は簡単ではありません。国営のテレビ局ですから、政権と密な関係があり、フランス人はこの「フランスの声」を信用していません。1995年の大きいストの時もFRANCE 2 は政府の立場を支持しましたから、フランス人はだんだん他のチャンネルに移り、FRANCE 2 の視聴率が低くなりました。FRANCE 2の責任者は、この不安定な立場から脱しなければなりませんでした。
 ”革命” と言う言葉がよく利用されました。しかし、編集部内には硬直してしまった部分がたくさんあって、”革命” は無理でした。改革の責任者であるアルベール・デュ・ロワ編集長に対して、ニュースキャスターのダニエル・ビラリアンが保守主義者のリーダーになり、フランス革命とは逆に保守陣営は勝ちました。少なくとも一時的な勝利をおさめました。6月5日、アルベール・デュ・ロワ氏は辞表を出しました。
 翌日のリベラシオン紙で「私の失敗はこのテレビ局全員の失敗です。公益を忘れています」と、”FRANCE 2 のゴルバチェフ”といわれるているアルベール・デュ・ロワ氏は説明しました。FRANCE 2 の危機はニュース報道のむずかしさに由来しています。 

(クロード)