特集:サルサ!

サルサをならおう!!
基本は前後左右の4つのステップだけ

● LA COUPOLE

モンパルナスのラ・クーポールで火曜にサルサのダンスレッスンがあるのは、その筋ではかなり有名だ。入門コースだし、ダンスの心得がなくても何とかいけそう。さっそくチャレンジしてみた。
少し早めにつくと、静まり返ったホールには先客が2、3人。ちょっと緊張してしまう。開始は8時45分だ。時間を過ぎても10人ほどしかいないので、今
日はこれだけ?と思いきや、9時を過ぎたころから続々と人が集まり、最終的には50人以上。ホールはギッシリになってしまった。レッスンは9時半にようやく開始。
スラッと美人なスーザン先生と、まずはウォーミングアップから。「Now、これから簡単なステップを始めます。」英語なまりの先生のかけ声で、気分は
ニューヨークのダンススクールだ。基本のステップはそれほど複雑でないはずなのだが、日本育ちの身には慣れない類の足さばきを強いられる。周りを見渡すと、すぐに初心者と分かる人から、腰の動きに相当の年季が感じられる人までいろいろだ。「Now、全部使って踊ってみましょう!」速いテンポの曲が流れ、一番簡単なものから順々に教わった(はずの)ステップが繋がっていく。拍子を数えているヒマはない。だんだん違うステップになってきちゃった。でも、楽しい!
授業終了は10時半過ぎ。フー。カクテルで一息つく。ふと気付くと、外で待っていた人達がどっと流れ込んで、ホールはすごい熱気。平日なのに! 生バンドの演奏も始まり、サルサ漬けの夜はこのまま朝の4時まで続くのであった。      (仙)

*1レッスン・130F (1ドリンク付き)
レッスンなしの入場料・90F (1ドリンク付き)
– 102 Bd du Montparnasse 01.4320.1420

● LE LATINA
4区にある映画館ル・ラティナの上階でも日曜の夕方にサルサのレッスンを受けることができる、というので覗いてみた。ラ・クーポールで英語訛りのフランス語を話すスーザン先生とは違って、こちらはペルー出身の生っ粋ラテン人ミゲルさんが教える1時間半。小人数制なので、和気あいあいとした楽しい雰囲気に溢れている。「基本は前後左右の4つのステップだけ」というミゲルさんの言葉は理解できても、私が見学した上級クラスのステップはなかなか難しい。ミゲルさんいわく「初心者とはサルサをまったく知らない人、中級者は基本のステップを一応踏める人、上級者とは二人で踊ることのできる人…」
毎週日曜のレッスン後20時頃からサルサの夕べが同じ場所で開かれ(6、7月は隔週ごとの月曜にも開催される)、ラ・クーポールのハイソな雰囲気よりうんとカジュアルな服装の男女たちで21時ごろには満員御礼の状態に
(1ドリンク+入場料=50F)。「ひとりでも踊れるのがサルサ」とミゲルさんは生徒を励ますけれど、二人で踊ることでうんと官能的になるサルサに酔うた
めには、まず13区にあるミゲルさんのスタジオで初心者(毎週火曜夜)、中級者レッスン(毎週土曜夜)を受けるのが懸命かもしれない。 (海)
*ミゲルさんの連絡先 01.4061.9562 / 06.1107. 4580 レッスン1回 80F、10回券 700F。
– 20 rue du Temple 3e  014277.2111

 

1 2 3 4

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る