Monthly Archive:: 2月 2009

煮込み用の牛肉

 牛肉は、〈viande noble〉と呼ばれる、さっと焼くステーキなどに適した部位と、〈bas morceaux〉と呼ばれる長時間かけて煮込むのに適した部位がある。前者は、牛の体の中心部から臀部(でんぶ)にかけてあり、 […]

ルリユール(製本)工房 — 製本家には忍耐力がいる。

 人影もまばらなパリ11区の路地に、突如、目も覚めるようなブルーの外観のアトリエが目に飛び込んだ。ここは、古く傷んだ本を修繕したり、世界で一冊の装丁の本を産み出すルリユール(製本)工房だ。見慣れない製本用マシーンの隣には […]

L’Entetee — ジュリーさんの素朴で温かな雰囲気のビストロ。

 26席のこぢんまりとしたビストロ。店内は懐かしい雰囲気が漂いながらも、モダンな家具や内装で若々しさにも満ちている。シェフは、肉料理が大好きなコルドンブルー料理学校出身の31歳の女性だ。 メニューは昼も夜も同じ。昼なら前 […]

リリアン・チュラムの怒り。

 カリブ海に浮かぶ島、グアドループはフランス海外県の一つだが、1月中旬以来、島の物価高に抗議するストが続き、まひ状態になっている。2月4日付ルモンド紙のインタビューで、同県出身で、フランス代表に142回選ばれるという記録 […]

牛肉のビール煮、オステンドの味を求めて。Carbonade a la flamande

 ベルギーの港町オステンドで食べた名物の牛肉のビール煮は、こってりとした風味で舌にこびるおいしさ。その味を求めて行き着いたビール煮をこっそり教えます。コツはブロンド色のルーroux blond! 肉は肩肉paleronが […]

2週間のニュース:言葉、数字

カリブ海に浮かぶ海外県グアドループとマルチニークを数字で見ると…。45万3000人グアドループ(県庁所在地はポワント・ア・ピートル)の人口。マルチニーク(県庁所在地はフォール・ド・フランス)は人口41万10 […]

2週間のニュース

2月1日、ハンドボール世界選手権の決勝戦がクロアチアのザグレブで行われ、フランスがクロアチアを24対19で下し、8年ぶり3度目の優勝を果たした。 ●〈ヴァンデ・グローブ〉はデジュワイヨが優勝 2月1日、単独無寄港世界一周 […]

POUR L’AMOUR DE LA LITTERATURE JAPONAISE MODERNE

La vocation, c’est avoir pour métier sa passion”. Cette citation de Stendhal sied parfaitem

evenements japonais a paris

NOTRE COUP DE CŒURDANSEArtiste japonais pluridisciplinaire, à la fois compositeur et vidéa […]

人前で思いっきり鼻をかむ。

 冬は風邪っぴきが多いから、街なかで人が鼻をかんでいる光景を目にすることが多い。フランス人は、人前でも堂々と大音響で鼻をかむので、この習慣を知らないと面食らうことになる。うら若き乙女でも、静かな場所で「ビ~ム!!(チーン […]

Langres

 久しぶりにパート・モル・ア・クルート・ラヴェが登場。クルート・ラヴェというのは、塩水や、時にはビールや蒸留酒などで表面を洗いながら熟成させた牛乳チーズのこと。このラングルは一度書いたことがあったけれど、先日とあるブラッ […]

イベント・のみの市

●〈Au fil du Mékong〉ラオス、タイ、ビルマの境界線をなすメコン川にそって多種少数民族が異なる宗教や文化、習慣を織りなしてきた。2月~6月までフィクションやドキュメンタリー映画(12h30:4 […]