猟銃による事故死

4人

 10月14日午後6時ごろ、オート ・サヴォワ県のモントリアン村で、自転車に乗っていたレストランの経営者マーク・サットンさん(34歳)が、近くで猟をしていたハンターの一人の銃弾を受けて死亡。9月に猟が解禁されてから猟銃による事故死はすでに4人目。前シーズンの猟による犠牲者は13人。