フランスの出来事

植物のある暮らし。

草木が芽生え始める、雨水(うすい)の週末。「緑の手を持つ avoir la main verte」園芸マスターを目指して、パリジャンたちが次々と集まってくる場所がある。 14区、病院跡地にたたずむメゾネットは、生き生きと […]

警官4人を強姦容疑で逮捕

2/5 ボビニー検察局は22歳の男性に暴行を働いた容疑で4人の警官を逮捕し、うち1人を強姦容疑で、残り3人を集団暴行容疑で被疑者扱いにしたと発表した。事件は2日、パリ郊外オルネー・ス・ボアの集合住宅敷地で起きた。警官4人 […]

ルーヴルで刃物男、テロか?

2/3 朝10時前、パリのルーヴル美術館に隣接したショッピングモール「カルーゼル・デュ・ルーヴル」の入口で、警備中の兵士4人を男性が刃物2本で襲う事件が起きた。兵士1人が負傷し、銃弾を腹部に受けた犯人は重傷を負って病院に […]

ダッソー氏、罰金200万€

2/2 パリ軽罪裁判所は、航空機等製造のダッソーグループのセルジュ・ダッソー会長(91)に5年間の被選挙権剥奪、200万ユーロの罰金を科した。会長は2014年までにグループ傘下の4つの企業の収益をルクセンブルクなどの銀行 […]

いじめで国の責任認める

2/2 ヴェルサイユ行政裁判所が、いじめによる中学生の自殺に国も一部責任があるとして、1万8千ユーロの損害賠償金を遺族に支払う判決を1月26日に下したと仏紙が報じた。2013年にエッソンヌ県の女子中学生(当時13)が学校 […]

ルペン氏も架空雇用?

2/1 マリーヌ・ルペン欧州議会議員は1月31日までに公設秘書の架空雇用分の返済をしなかったとして、今後は議員報酬から返済分を天引きされることになった。ルペン氏は国民戦線党党首室長のカトリーヌ・グリゼ氏を欧州議員秘書とし […]

フィヨン氏、架空雇用疑惑

1/25 風刺紙カナール・アンシェネにフィヨン元首相による妻の架空雇用疑惑が暴露されたことを受け、経済検察局が予備調査を開始。フィヨン夫妻を31日に事情聴取した。元首相は国民議会議員だった1988〜90、98〜02、12 […]

ハンドボール男子、世界一

1/29 フランスで開催された世界男子ハンドボール選手権の決勝戦で、フランスがノルウェーを33対26で下し、大会6度目の優勝を果たした。パリのアコー・ホテルズ・アリーナで行われた決勝戦では、ハーフタイムの前後で一挙にリー […]

フェセンアイム原発閉鎖?

1/24 仏電力会社(EDF)取締役会はフェセンアイム原発閉鎖に伴う国からの賠償額に合意した。オランド大統領が任期中閉鎖を公約した仏最古の原発閉鎖への第一歩。合意によると、閉鎖に伴う解体や社員の配置転換の費用を含め今後2 […]

ヴィヴァルト、大規模再編

1/26 アパレル・靴販売ヴィヴァルトグループは大規模な再編計画を発表した。靴チェーンのアンドレ(135店舗、786人)、服ナフ・ナフを売却するほか、アール・オ・ヴェトマン(480店舗、4100人)とアール・オ・ショッス […]

『ヒロシマ・モナムール』エマニュエル・リヴァ逝去

 1月27日、女優のエマニュエル・リヴァが癌のためパリで逝去した。89歳だった。    4年間の闘病生活を周囲にほとんど知らせぬまま、昨年の夏までアイスランドでスリラー映画『Alma』の撮影に参加。来る3月にはドミニク・ […]

未成年出国に親の許可必要に

1/15 フランス在住の未成年が保護者同伴なしに出国する場合、親の許可書Autorisation de sortie du territoire (AST)が必要になる。未成年が個人、団体旅行を問わずフランスから出国する […]