パリのオペラ350年、ルイ14世から革命まで。

© Maître du ballet de la Nuit BNF

ルイ13世の死後、ルイ14世の宰相になったイタリア生まれのマザランが、故国のオペラをフランスに導入し、それまでの宮廷バレエとイタリアオペラの混合からフランスオペラが生まれた。パリ・オペラ座創立350年を記念し、フランス国立図書館が所蔵する手稿、版画などの作品、当時の貴重な衣装、衣装のデザイン画、立体的な舞台装置模型、楽譜など、130点を展示。

Tailleur des Menus Plaisirs du roi, Costume de ballet pour un danseur, brodé de fils d’or et d’argent, xviies.,BnF, Musique, Bibliothèque-musée de l’Opéra

初めて上演されたフランス・オペラは、詩人ピエール・ペランと作曲家ロベール・カンベールによる『牧歌/ La Pastorale d’Issy』(1659)だが楽譜は現存せず、楽譜がある最古のオペラは同じくこの2人による『ポモーヌ』(1671)。パリ・オペラ誕生は、ルイ14世とマザランが、ペランに音楽アカデミーの設立と、オペラ興行独占権を与えた1669年6月とされる。

16世紀末からオペラが上演されていたイタリアと、それを模範として自国なりのオペラを確立していったフランスの間の、優劣をめぐる論争や、相互の影響など、オペラをめぐる複雑な歴史をたどる。


Bibliothèque-musée de l'Opéra-Palais Garnier

Adresse : 8 rue Scribe, 75009 Paris , France
TEL : +33(0)1 53 79 59 59
URL : www.bnf.fr/fr/agenda/un-air-ditalie
入口はScribe通りとAuber通りの角。10h-17h。14/10€。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る