530頭|数字でみるフランス

 全国狩猟・野生動物局(ONCFS)の調査では、アルプスを中心に生息する保護動物のオオカミが530頭に達し、自然繁殖に必要な500頭を超えた。昨年はオオカミに襲われて12500頭の家畜(主に羊)が殺され、牧羊農家などから超過分を射殺することが望まれている。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る