Neufchâtel

北ノルマンディーのディエップなどのチーズ屋さんの主役級はヌシャテル。カマンベール同様に、牛乳が原料の白カビタイプで、10世紀くらいから作られていたという長い歴史を持つチーズだ。いろいろな形があったのだが、最近は、ハート形に人気が集まっている。2週間から3週間かけて熟成され、8月から12月が食べごろとされている。熟成が浅いものは白カビに覆われ、柔らかな身はマッシュルームの香りもするが、熟成が進むと塩味もきいてしっかりとした味わいになって通好み。ワインは、ボジョレーやコット・デュ・ローヌの赤が合うだろう。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る