Ovni | Numéro 863

Seiichi HORIUCHI「堀内誠一 絵本の世界」展

11月21日(水)〜12月8日(土) 『堀内誠一 絵本の世界』展       2018年の春、クラマールにある児童図書館 ”La Petite Bibliothèque Ronde”(小さなまるい図書館)からエ […]

クリスマスのプレゼントの予算

 OpinionWayの調査によると、今年のクリスマスのプレゼントの予算は1世帯当たり平均342€で、6年前より12%減。65歳以上の高齢者世帯は、孫への贈り物などもあってか505€。贈り物の65%はネット通販で購入され […]

Cheddar チェダーチーズ

 チェダーやスティルトンなどの英国産チーズは、フランスのチーズに劣らないうまさを持っている。マークス&スペンサーの店の前を通ると、ついつい入り込んでチェダーの500グラム入りを買ってしまう。数週間、朝食や食後のチ […]

Restaurant Kozo: レストランは”劇場” 、料理はお客さまの名脇役。

牧田幸三さん(41歳)  「フランス料理のレストランって、”劇場”なんです」と話すのは、今年9月、パリ9区にRestaurant Kozoをオープンした牧田幸三さん。在仏13年目にして念願のオーナ […]

神父から性的暴行

 当時13歳だったオリヴィエ・サヴィニャックさんは、1993年のカトリック系若者キャンプで神父から性的暴行を受けた。10月30日オルレアン軽罪裁判所で同神父はその事実を認め、禁固3年を求刑されたが、その直後のサヴィニャッ […]

Michael Jackson – On the Wall マイケルジャクソン大展覧会

2月14日(木)まで  21世紀、世界のカルチャーシーンでもっとも影響力ある人のひとり、マイケル・ジャクソンは、没した今も、その威光を放ち続けている。1980年代から今日まで彼の歌、踊り、ビデオなどが現代アートに与え続け […]

オービュッソン・国際タピスリー・センター

 フランスのおヘソの位置にあるクルーズ県オービュッソン。タピスリーで名高いこの町は交通の便が悪く、列車の後はバスや車を乗り継いで行くことになる。だが到着すれば、緑豊かで中世の趣を残す街並みに感慨もひとしおだろう。  フラ […]

クルジェットの詰めもの

 クルジェットほど和風に向いた野菜はないだろう。何度かこの欄でとり上げたが、今回の詰めものは見ばえがするごちそう。クルジェット、芯の種の部分に詰めものをするのだから大きめを買ってくる。  まず詰めものを準備。豚肉は小さく […]

『アマンダ/Amanda』遺された人はどうやって生きていくのか。

 ある夏の日の夕方、7歳の少女、アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)は待ちぼうけをくらっている。迎えに来るはずの叔父のダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)が現れないのだ。慌ててやって来るダヴィッド。彼は、短期貸しアパートの管 […]

DVD ルイ・クープランをクリストフ・ルセの演奏で

 秋の夜長、クラヴサン (チェンバロ)が聴きたくなったらルイ・クープラン。甥のフランソワ・クープランのクラヴサン曲のような、典雅さや技を尽くしたポリフォニーは見られないが、しみじみとした落ち着きの中に歌が流れるのがルイの […]

東欧では第一次大戦は1923年まで休戦にならず

A l’Est la guerre sans fin, 1918-1923  2019年1月20日(日)まで  西ヨーロッパでは、1918年11月に第1次世界大戦の休戦協定が結ばれたが、東欧や中東では、1917年以降ロシ […]

「布の道」を旅して。

Ana Bergerさん  インドで作られる、模様をプリントした木綿布 「更紗 (さらさ) 」は、1664年にコルベールが創設したフランス東インド会社によってフランスにもたらされた。色鮮やかな草花や動物が描かれた布はアン […]

Fazil Say

12月2日(日)  トルコ生まれのピアニスト、ファジル・サイがベートーヴェンのソナタ3曲を弾く。「鬼才」とか「異才」と言われる彼の演奏は、ときに驚くようなテンポの変化があったりするが、タッチの美しい正統的なピアノ。音楽す […]

Persona Grata アートで移民受け入れの態度を問う

 「好ましからざる人物」を意味するラテン語の「Persona non grataぺルソナ・ノン・グラ―タ」は、相手国から受け入れを拒否された外交官を指す外交用語。それからnonを取った「ペルソナ・グラ―タ」は、受け入れO […]

Le Cadoret:日常の素材をプロの料理に仕上げている。

 前菜+メインかメイン+デザートで17€、3皿で20€のランチ。取り立てて格安の感はないが、さまざまな素材の持ち味を生かし、丁寧に作られた料理のひとつひとつを味わったら、そのコストパフォーマンスの高さに驚くはず。外観も内 […]

明暗刷り木版画、クラナッハ、ラファエル、ルーベンス…

2019年1月14日(月)まで Gravure en clair-obscur, Cranach, Raphaël, Rubens…  16世紀に生まれた明暗刷り木版画「キアロスクーロ」の秀作120点を通して、その歴史と […]

Clairefontaineのノート

 長髪女性の横顔のマークが目印のクレールフォンテーヌのノートは、フランスでは昔から馴染み深い。学校の配るリストを片手に「grands carreaux(大きな方眼)」、「petits carreaux (小さな方眼)」と […]

Alain Pérez y La Orchestra

11月25日(日)  いなせなラテン男、アラン・ペレスは昨年『ADN』を出し、キューバで人気上昇中。これまでロス・ヴァン・ヴァンやイラケレなどの名門バンドでも演奏してきただけに、舞台でのショーマンぶりもさすが。歌だけでな […]

よむたび。〈13〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 魂の友(仮題) 』 Frère d’âme ダヴィド・ディオプ著 / Edition Seuil刊   世界大戦と「セネガル狙撃兵」。  二つの世界大戦中、フランスのために戦ったアフリカの人々が […]

ゴンクール賞など発表

11/7  仏文学賞最高のゴンクール賞がニコラ・マチュー氏の『Leurs enfants après eux 』に授与された。受賞作はグローバル化で産業の衰えた町を舞台にした若者の成長物語。 同日発表されたルノドー賞はト […]

極右活動家6人を逮捕

11/6  マクロン大統領に対するテロを計画していたとして、極右グループのメンバー6人が国内治安総局(DGSI)によって逮捕された。モーゼル県、イゼール県などで逮捕されたのは22〜62歳の男性5人と女性1人で、計画は具体 […]

教会性虐待で独立委設置

11/7  仏司教会議(CEF)はルルドで開催された総会で、1950年以降の聖職者による性虐待の実態と原因を究明する独立委員会を設置すると発表した。構成メンバーは、歴史学者、司法官、児童虐待専門家などでカトリック教会から […]

Jômon 「縄文-日本における美の誕生」展

12月8日(土)まで  約1万年にわたる縄文時代の土器、石器、土偶、装身具を、精神文化、日常の器などをテーマ別に展示。国宝も数点。夏に東京国立博物館で開催され大好評を得た展覧会のコンパクト版。

『バーンスタイン物語』で『不安の時代』も演奏。

 20世紀の偉大な指揮者の一人レナード・バーンスタインは、『ウエスト・サイド物語』や交響曲『カディッシュ』の作曲家としても知られている。  『バーンスタイン物語』という一連のコンサートで、めったに聴く機会がない、彼の交響 […]

軽油値上げに不満噴出

11/6  国民議会で軽油・ガソリン税の値上げを含む来年度環境省予算が可決されたことを受け、ドライバーの不満が噴出している。環境保護策による気候エネルギー貢献税(CCE)率引上げにより、1月から軽油への税がリットル当たり […]

ニューカレドニアの住民投票、独立反対が56,7%。

 南太平洋メラネシアに浮かぶ、豊かな自然に恵まれたニューカレドニア(ヌーヴェル・カレドニー、以下NC)。1853年、第二帝政下のフランスに植民地にされ、罪人やパリ・コミューンなどの政治犯の流刑地にも使われた。 第二次大戦 […]

メタムナトリウム禁止に

11/5  仏食品環境労働衛生安全庁(ANSES)はメタムナトリウムを主成分とする殺虫剤の国内販売・使用を禁止する決定を下した。 この殺虫剤はサラダ菜類や生花の栽培を中心にフランスで年間700トン使用される。9~10月に […]

OVNI 863

OVNI 863 : 15/11/2018  

まちかど写真:Ekiben 駅弁買うひと

期間限定(11/30まで)の駅弁屋さん オープン初日に弁当買う人たち。 Gare de Lyon Hall2にて 1個10〜15€。

戦いは終わっても…。

 ソンム県のペロヌ戦争記念館で開かれている「Amours en guerre 戦争の中の愛」展で、第一次世界大戦によって離れ離れになった夫婦が200万組いたことを知った。恋人同士なども合わせると、引き裂かれたカップルの数 […]

甘い香りの、カボチャのスープ。

Soupe de potimarron  こちらのカボチャはpotironというのだが、最近人気が出てきているpotimarronを使ってみよう。丸く、ソフトボールよりやや大きく、鮮やかなオレンジ色をしている。甘くて、ど […]

マルセイユでビル崩壊

11/5  マルセイユ中心地のノアイユ地区の2つの住宅ビルならびに隣接するビルの一部が崩壊した。そのうち人が住んでいた1棟のがれきから10日までに8人の遺体が発見されたが、まだ数人が行方不明とみられる。崩壊の影響を恐れて […]

同性愛者への暴行相次ぐ

10/31  パリとトゥールーズでレスビアン女性が相次いで暴行を受けた。パリでは女性カップルが男に殴られて全治3週間の怪我を負い、トゥールーズでは女性が3人の男から殴る、蹴るの暴行を受けた。2件とも性的志向を理由とした暴 […]