Ovni --| Numéro 818

ノルマンディーの作家と食 〈11〉

 フランスが誇る文豪モーパッサンの長編小説2作目は『ベラミ』(1885年)。容姿を武器に出世街道をひた走る青年、デュロワが主人公だ。もともとの才能はたいしてない。でも、有能で権力のある女性に取り入ることは誰よりも上手で、あきれるほど要領よく世渡りをしていく。  ノルマンディー地方で酒場を経営する両親のもとに生まれた...

ウズラ肉ならではの味わいを、ブドウの甘味と酸味が引き立てる。

Cailles aux raisins  八百屋の店頭に、色も大きさもさまざまなブドウがあふれるようになると秋。そのまま食べてもおいしいし、フルーツサラダに入れるのもおすすめだし、ウズラの肉と合わせれば秋らしいごちそうになる。  ブドウは、たとえば浅い緑色をした「イタリア」のような大粒のものがほしい。  フランス...

68ユーロ

パリ市では、昨年10月からタバコの吸い殻のポイ捨ては、他のゴミ同様に68ユーロの罰金!パリ市内には100人近くの監視員がいる。この罰金制度導入前に、灰皿つきのごみ箱が3万近く歩道に設置されたから、「近くにごみ箱がなかった」と弁解しても通らない。昨年の10月から4カ月の間で、800人近くが罰金を払っている。...

マダム・キミのシルバーラウンジ:11月1日号

 M子さんは来年4月で90歳。在パリ60年。夫は1895年、札幌で14人兄弟の1人として生まれ、クラーク先生の有名な言葉「少年よ、大志をいだけ」を実行するため満州に行った友人が多かったが、彼は釧路で教員になる。1924年彼は船でマルセイユに。1921年以来在仏の青山義雄画伯とも交友し第2次大戦時40年に帰国。51年、再...

ワクチンを問題視して、医師会除名?

 モンペリエ大学医学部のアンリ・ジョワイユー名誉教授は、がんと消化器外科が専門だ。保健大臣宛てに、アルミニウムを含まないDT(ジフテリア、破傷風)ポリオの3種混合ワクチンの復活を求める署名運動を2015年から展開し、現在までに108万人以上の署名を集めた。ところが、それがもとで、医師会を除名させられそうになった。 ...

市民に一流の音楽教育を提供。

世界の楽器がいっぱい。© Beaucardet 構想から30年を経て2015年1月に誕生した総合音楽施設、フィルハーモニー・ド・パリ。客席がステージを360度取り囲む大ホールには、世界の音楽愛好家の熱い視線が集まる。至近距離には音楽博物館シテ・ド・ラ・ミュージック( 現在は別名フィルハーモニー2 )、国立高等音楽・...

La Botike Belge|食欲の秋、芸術の秋。両方満たすベルジアンマジック。

 東駅をずっと北上し、ルイ・ブラン駅の交差点に差しかかる少し手前に、突如ブリュッセルかアントワープかと錯覚するような、美しく古めかしい外観の店が目に飛び込んでくる。ウィンドーに書かれたEPICERIE CULTURELLE BELGEの文字に興味を引かれ、入ってみた。Monsieur QQの作品「Plafond tem...

闘う巨匠のブレない社会派ぶり

『 Moi, Daniel Blake 』  ダニエルは、やもめ暮らしの木工職人。心臓病でドクターストップがかかり、福祉当局に足を運んだ。「50メートル歩けますか?」「ポケットに物を入れられますか?」。杓子定規の質問に答えるが、結局は障害者とも失業者とも認定されない。これが善良な市民に降りかかる不条理劇の始まり。ある...

87人

今年はキノコの当たり年らしく、キノコ狩りを楽しむ人が多く、10月前半でキノコによる食中毒にかかった人は全国で87人(重症3人)。キノコ食中毒を避ける策は、セープ茸、ジロール茸など、よく知っているキノコだけをとること。毒キノコが混じっていることも考え、手かごの中のキノコを種類別に分け、触れ合わないようにすること。少しでも...

La Crêperie de Josselin|数ある中で太鼓判、モンパルナスのクレープ屋。

ブルターニュ地方とパリを結ぶ電車の発着駅であるモンパルナス駅周辺にクレープ屋が集結しているのは誰もが知るところ。エドガー・キネ大通りとモンパルナス大通りを繋ぐモンパルナス通りには、たった200メートルの間に10軒のクレープ屋を数える。モンパルナス界隈にいて、軽く小腹が空いた時、夜遅くレストランに行きそびれた時、...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る