Ovni | Numéro 815

ムール貝フライ

 フランス滞在中の日本人は 「カキフライが食べたい!」と嘆くが、生食用に養殖されているフランスのカキは高いし、身が薄くて不向き。そこでキロ5ユーロ前後という安さのムール貝を揚げてみた。 ムール貝はなるべく大きいものがほし […]

今月のチーズ:Fourme d’Ambert

フルム・ダンベールは、オーヴェルニュ山地で放牧されている牛の乳から作られるブルーチーズの名品。青カビが注入されてから、2、3カ月かけて熟成される。直径10センチ、高さ20センチ以上の円筒形で、それを好みの厚さに切ってもら […]

LIVRE:Marc Riboud

8月30日、写真家マルク・リブーが93歳で死去。1951年にカルティエ=ブレッソンに紹介されマグナム・フォトに参加、エッフェル塔のペンキ塗りの写真がライフ誌の表紙を飾るが、幾何学的な構図といいカルティエ=ブレッソンの影が […]

まちかど写真:9月でも バカンス気分の リヨン駅。

彫刻家ジャン・アルプのメゾン=アトリエ  「Fondation Arp」(アルプ財団)

Navigoで行くパリからの散策 メトロやバス、RER、トラムなどが乗り放題の定期 「forfait Navigo」。昨年から仕組みが変わり、一律料金(月額73€)でイル・ド・フランス圏内のゾーン1~5を自由に行き来でき […]

少年の日のワンダーランドと殺戮の地獄の間にある小さな国 

ガエル・ファイユの初小説『プティ・ペイ』を読む 今これを書いている時点で、ガボンの8月末の大統領選挙後の激しい暴動の報道が続いている。悲しいかな珍しいことではない。アフリカのある国々では,恒例事のように選挙の後クーデター […]

和風パリジェンヌ:COCO子 -17-

アジサカ・コウジのマンガをもっとご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。http://www.azisaka.com/blog/

旬のムール貝がたっぷり入ったサフラン風味ピラフに拍手がわく。

Pilaf de moules à l’espagnole Moules de bouchotと呼ばれるフランス産のムール貝がうまい。今回は、サフランの香りをつけたピラフに入れてみた。 まず米をよくとぎ、パソ […]

Pier Augéのスキンケア製品

コスメティックといえば、フランスには有名ブランドから中小ブランドまで無数にある。香水、化粧品、スキンケア、ヘアケアなどを含むコスメ産業は仏全産業で第4位。世界コスメ市場(4250億ユーロ)のシェア25%を占める一大産業だ […]

「料理と共に自分は成長してきた」

中西勝則さん(38歳) フランスに来てちょうどまる10年の中西さんは、今新しい出発点に立っている。 パリから移住して、順調に事が運べば年内に初めての店を南西部一番の都市トゥールーズに、東京時代の同僚でソムリエの男性と一緒 […]

Linda Lemay

リンダ・ルメイは、日本ではまだあまり知られていないケベック出身のシャンソン歌手。ケベック出身というとロベール・シャルルボワという素晴らしい歌手がいるけれど(そういえば、セリーヌ・ディオンもいますね)、ルメイもフランス公演 […]

おき火で焼く肉をたっぷり味わいたい。。

 バカンス中にバーベキューの機会に恵まれた人は幸せだ。とはいえ、最上の肉を、最良の方法で焼いたものを食べるなら、こんなレストランが一番です。 この店、夜は予算が50€~100€という高級な店でありながら、昼ならば、前菜+ […]

Le grand orchestre des animaux

生物の多様性をテーマにした展覧会が開かれている。バーニー・クラウスが録音した自然界の音をメインに、写真、絵画、ビデオ、音楽で構成した「動物たちの大交響楽」展だ。アメリカの電子音楽のパイオニアだったクラウスは、1968年か […]

“国家にとってはどうでもいいこと”

「それだけブルキニの宗教性について話されるのなら、(政教分離を定めた)1905年法の第2条をご存知ですか。『共和国はどのような信仰も判別しない、給料を払わないし、援助もしない』とある。この法案をまとめたアリスティッド・ブ […]

“恐るべき子供”の無関心ではいられぬ一本

『 Juste la fin du monde 』 『Mommy / マミー』の衝撃から2年、 “ケベックの恐るべき子供”グザヴィエ・ドラン監督の最新作だ。本作はカンヌ映画祭でお披露目された際、高過ぎる期待が負荷にもなっ […]

パリでテロ準備の車発見

9/8 パリのノートルダム寺院近くに違法駐車された乗用車から5本のガスボンベが発見され、警察がテロ事件として捜査中であることが報道された。起爆装置はなかった。警察はこの件に関して6日に南仏ヴォークリューズ県の高速道路でイ […]

かつおぶし初体験は14歳、 グエネル・ペリランさん。

今月、ブルターニュの港町コンカルノで、かつおぶしの生産が始まった。 「枕崎フランス鰹節」社の代表取締役社長、大石克彦氏がフランスに生産拠点を置くことを決めたのは3年前。「工場は、1年あればできるだろうと思っていましたが、 […]

コルスはブルキニ禁止続行

9/6 コルス・バスチアの行政裁判所はシスコ村のブルキニ禁止条例の撤回を求める人権擁護団体の訴えを却下した。シスコでは治安維持のために条例続行が望ましいと判断したため。同村では8月13日にモロッコ人女性の服装に端を発した […]

新学期のお買物。

フランス全国の小中学生1100万人以上が新学期を迎えた。子どものいる家庭にとっては学用品購入の季節でもある。ノートやペン、宿題をメモする手帳、計算機、運動靴、カルターブル(通学用かばん)…。 「自由の国」の看板を掲げるフ […]

マクロン経済相、辞任。各陣営、大統領選に向け活動本格化。

社会党内閣の「右寄り」経済相の辞任。 36歳の若さで民間登用され注目を浴びたエマニュエル・マクロン経済産業デジタル相が8月30日、辞任を表明した。来年5月の大統領選への出馬準備とみられる。人気の経済相の辞任で、政権がさら […]

中国人らが差別反対デモ

9/4 パリ首都圏の中国人青年団体の呼びかけで、アジア人に対する差別反対を訴えるデモがパリ・レピュブリック広場で行われ、警察発表で1万5500人、主催者発表で5万人が参加した。8月上旬にパリ郊外オーベルヴィリエで49歳の […]

内相、ジャングル閉鎖約束

9/2 カズヌーヴ内相はカレーを訪問し、同地で難民がテントや小屋で生活する「ジャングル」を段階的に閉鎖すると約束した。内相は年末までに全国の難民収容所の収容数を2千人分、亡命申請者収容所の収容数も6千人分増やすとした。「 […]

9月15日号:Agenda

9月25日(火) Flatbush Zombies 最近ファーストアルバム『3001:A Laced Odissey』を出した注目のNY、ブルックリン出身3人組。どこかメロディアスでダークなサウンドにのったラップはレベル […]

OVNI 815

OVNI 815 : 15/09/2016

酪農家とラクタリス、合意

8/30 酪農家組合と仏大手乳製品製造ラクタリス社は今後5ヵ月の生乳価格を千リットル当たり平均290ユーロとすることで合意した。8月の平均価格280ユーロから毎月5ユーロずつ引き上げ12月には300ユーロにする。酪農組合 […]

仏、TTIP交渉中止姿勢

8/30 フェクル貿易担当相は、フランスが環大西洋貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)の交渉を中止し、仕切り直して交渉を再開することを欧州連合(EU)首脳会議に提案すると表明した。オランド大統領も「交渉は行き詰まり」 […]

マクロン辞任でミニ内閣改造

8/30 大統領府は、マクロン経済相辞任を受けてサパン財務相が経済相を兼任すると発表した。また、経済相を補佐するために、産業担当相という新ポストが設けられ、9月1日にクリストフ・シルグ国民議会議員(50)が任命されるとと […]