Ovni --| Numéro 815

ムール貝フライ

 フランス滞在中の日本人は 「カキフライが食べたい!」と嘆くが、生食用に養殖されているフランスのカキは高いし、身が薄くて不向き。そこでキロ5ユーロ前後という安さのムール貝を揚げてみた。 ムール貝はなるべく大きいものがほしい。4人分なら1キロ買ってくる。まず上のレシピに従ってむき身にするのだが、殻からはずすときに、...

今月のチーズ:Fourme d’Ambert

フルム・ダンベールは、オーヴェルニュ山地で放牧されている牛の乳から作られるブルーチーズの名品。青カビが注入されてから、2、3カ月かけて熟成される。直径10センチ、高さ20センチ以上の円筒形で、それを好みの厚さに切ってもらう。若いものは身にむっちりとした弾力があってクリーミーだが、熟成が進むと灰色っぽい皮には黄色やオレン...

まちかど写真:9月でも バカンス気分の リヨン駅。

ポルトガルで5日、その後ビアリッツ。リタイアすると楽しいわよ~。 アヌシーへ仕事に。 南仏で経営しているスケボーショップへ。仕事もバカンスみたいだよ。 しばしの別れを惜しんで。。。 アムスとパリでバカンスでした。ニームに帰ります。 リヨンで研修。バカンスみたいなものね! ...

LIVRE:Marc Riboud

Flammarion刊。40€。 8月30日、写真家マルク・リブーが93歳で死去。1951年にカルティエ=ブレッソンに紹介されマグナム・フォトに参加、エッフェル塔のペンキ塗りの写真がライフ誌の表紙を飾るが、幾何学的な構図といいカルティエ=ブレッソンの影が濃い。1955年からトルコ、イランなどを経て中国、日本と旅...

彫刻家ジャン・アルプのメゾン=アトリエ  「Fondation Arp」(アルプ財団)

Navigoで行くパリからの散策 アトリエにはたくさんの作品。 メトロやバス、RER、トラムなどが乗り放題の定期 「forfait Navigo」。昨年から仕組みが変わり、一律料金(月額73€)でイル・ド・フランス圏内のゾーン1~5を自由に行き来できるように。普段はパリ市内の移動のためだけにNavigoを...

少年の日のワンダーランドと殺戮の地獄の間にある小さな国 

ガエル・ファイユの初小説『プティ・ペイ』を読む 今これを書いている時点で、ガボンの8月末の大統領選挙後の激しい暴動の報道が続いている。悲しいかな珍しいことではない。アフリカのある国々では,恒例事のように選挙の後クーデターや暴動が起こり、おびただしい死傷者が出る。これは土地柄ではない。何かが異常なのだ。この...

Pier Augéのスキンケア製品

Soin Régénérant Tri-actif COMPLETUDEDNAやビフィズス菌を用いたアンチエイジングクリーム 86.30€ コスメティックといえば、フランスには有名ブランドから中小ブランドまで無数にある。香水、化粧品、スキンケア、ヘアケアなどを含むコスメ産業は仏全産業で第4位。世界コスメ市場(4...

「料理と共に自分は成長してきた」

中西勝則さん(38歳) フランスに来てちょうどまる10年の中西さんは、今新しい出発点に立っている。 パリから移住して、順調に事が運べば年内に初めての店を南西部一番の都市トゥールーズに、東京時代の同僚でソムリエの男性と一緒に開店する。新しい土地での新しい挑戦、お話を聞きながら私も胸がワクワクしてきた。 滋賀県出身...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る