Ovni | Numéro 726

9月15日・16日は文化遺産の日

   1984年以来、市民が心待ちにしているこの機会に、日頃は非公開の歴史的建造物を訪れよう。フランス全土で開催され、昨年は1200万人の来訪者を数えた。原則的に入場は無料だが場所によっては有料もある […]

男性だけのコミカルなバレエ

トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」    あでやかなコスチュームに身を包んだ、筋肉ムキムキのバレリーナたち…。そう、古典バレエをパロディで演じる男性バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が、パリに […]

『影の部分』秦早穂子著

リトルモア社。1680円。  映画『勝手にしやがれ』の邦題の名付け親で、現在もジャーナリストとして健筆をふるう秦早穂子氏の自伝的小説。ヌーヴェル・ヴァーグの息吹を間近で感じた数少ない日本人による第一級の映画資料でもある。 […]

Abcd de la cuisine –27

●griller  「グリルする、網焼きにする」という意味。日本の焼きトリのごとく、本来は、直火にかざして肉や魚を焼く調理法のこと。強火で材料の表面が固まり、うま味が逃げないのが利点だ。その上、火に落ちた肉汁や […]

アイルランド文化センター10周年

 創立10周年を記念して多数の催し物を企画。9月13日は、入場無料の「バースディパーティ」がある。3つの展示会や吹奏楽団の演奏とジャズのコンサート、ギネスの試飲など会館あげてのお祭りは19h〜。Centre Cultur […]

Festival d’Ile de France

 イル・ド・フランスの26カ所にて、9月8日から10月14日の間、クラシックからコンテンポラリー、ワールドミュージックなど幅広いジャンルにわたる29のコンサートが行われる。入場料はコンサートによって異なるが、12〜26& […]

旧都フエの味を伝える 温かなベトナム料理店。

  美味しいベトナムレストランといえばベルヴィルや13区のイヴリー大通り周辺に集中しているけれど、カルチェラタンにほど近いゴブラン界隈に、フエ出身の温和なご夫婦が経営する素敵な隠れ家を発見。いかにもベトナムらしいパステル […]

ジョルジュ・サンドの食卓から 8

 理想主義者と言われたサンドの代表作のひとつである『魔の沼』(1846年)。冒頭では死神にとりつかれた農民をテーマにしたホルバインの版画にふれられているが、本編ではフランス中部の牧歌的な農村が再現されている。光に満ちた美 […]

引っ越したくない!お気に入り。

ロイヤル・ウエディングで復活の兆し。

Tous au restaurant 2012

 フランス全国のレストランが参加し、今回で3回目を迎えるグルメなイベント。今年は9月17日から23日に開催。敷居が高いレストランにも気軽に訪れて、という主旨で、コース料理1人分の支払いでもう1人分はタダに(飲み物は別)。 […]

米ロの干ばつで穀物危機の懸念

 仏農業省の関連機関「フランスアグリメール」が最近明らかにした予測によると、米国やロシアの干ばつにより、小麦、トウモロコシなどの穀物や大豆の生産量が落ち込み、2007〜08年のような世界的穀物危機が訪れる恐れがある。米国 […]

Histoires de voir, Show and Tell

©Jangarh Singh Shyam  ブラジルからは素朴な木の彫刻。ハイチからはブードゥー教の旗。インドのゴンド族の世界観を描く絵画。世界を感じ、それを表現するということ。世界中から集められた50人の作品 […]

仕事を持っている大学生

73%  アルバイトなど仕事を持っている大学生の割合は73%でいぜん増加中(6年前は48%)。2012?13年度の学生に必要な生活費は、前年度より3.7%上昇する見込み。主原因は家賃上昇(パリで+10.8%、地方で+2. […]

映画がとらえた日本

会館15周年特別企画 作品選定ディレクター、ファブリス・アルデュイ二さんインタビュー ●何はともあれ、大事なのは「生命」。  エッフェル塔のふもとで日本文化の伝道師となり早15年。パリ日本文化会館は、新旧織り交ぜた150 […]

ソース仕立ての本格的魚料理に挑戦。

 料理上手なジョルジェットさん宅を訪れた時のこと。「今晩はアンコウのロシア風よ」と彼女が献立を告げると、その場にいた息子さん二人が目を輝かせた。「食べたことある?  母さんの作るコレおいしいんだよ」と、今にもよ […]

水泳一家から期待の新星・誕生。

 ロンドン五輪、男子50メートル自由形で金メダルに輝いたフロラン・マノドゥ。アメリカのカレン・ジョーンズ、世界記録をもつブラジルのセザロ・シエロフィーリョを抑えて、21秒34でトップの座に。彼の快挙は、驚きをもって、フラ […]

年中無休で24時間営業。眠らぬ老舗ブラッスリー。

 レ・アール界隈には遅くまで営業している店がかなりあるが、1947年創業のブラッスリー「オ・ピエ・ド・コション」は別格。クラシックな装飾に、スーツにネクタイ姿のサービス係。でも気兼ねは無用。オープンな雰囲気で、世界中から […]

反骨精神を貫く姿に感銘した。 『死刑弁護人』

 夏を日本で過ごしました。せっかくなので邦画をいっぱい観ました。ガツンときたのは齋藤潤一監督『死刑弁護人』。安田好弘さんという、誰も引き受けたがらないような死刑事件を引き受ける弁護士の生き様を追った東海テレビ製作のドキュ […]

Didier VERMEIREN(1951-)

 20世紀以降否定される傾向にあった彫刻作品の「台座」を再考する近作と、空間とボリュームの裏返しの関係をとらえる90年代の作品。16の立体作品とアトリエで撮影された32枚の写真。9/23迄(月火休)。 La Maison […]

才能あふれるアルゼンチン人シェフが奮闘!

Ceviché de bonite concombre frais  昨年から今年にかけてアルゼンチン料理店がいくつかオープンし、話題となっている。この店もそのひとつ。とはいえ、ここではアルゼンチンの名物料 […]

OVNI 726

OVNI 726 : 01/09/2012 ダウンロード

9月にバカンスを取った人に…:地方の展覧会

Jean Prouvé ●<Un Chaperon noir>  童話「赤頭巾」をベースにしたフィルム作品「黒頭巾」ほか、写真家サラ・ムーン(1941-)の映像を中世の面影が残るカルカッソンヌの […]

インテリジェントな バスの停留所。

 パリ・バスチーユ広場の86、87番のバス停が新しくなっていた! 次のバスがあと何分で来るかを知らせる表示はほかのバス停にもあるが、ここに設置されているタッチパネルの情報量はなかなかのもの。パリの地図やバス路線図はもとよ […]

ロマ人問題、解決策は?

8月8日付リベラシオン紙。  ちょうど2年前の夏に問題になったロマ人不法キャンプ排除問題が再燃している。今回は、当時のサルコジ大統領の強硬策を非難した社会党政権によるものだけに、社会党は沈黙し、左翼戦線や欧州エコロジー・ […]

山火事

650ヘクタール  8月16日にラカノー(ジロンド県)で発生した火災は650ヘクタールの松林を焼失し、17日夕方に鎮火した。400人の消防員が夜を徹して消火活動に当たり、3人が軽傷を負った。県道付近から出火したため、車か […]

芸術のごろつき団。

 モンマルトルにあるアール・ブリュットの美術館が、イギリスのアウトサイダー・アート、大好評だった日本のアール・ブリュットに続き、19世紀後半から現代に至るイタリアのアール・ブリュットと民衆芸術展を企画した。  正規の美術 […]

リヴレAの限度額、年内に50%引き上げ

 モスコヴィッシ経済相は8月22日、非課税貯蓄預金「リヴレA」の上限額を9月と年末の2段階方式で50%引き上げると発表した。現行の限度額15300ユーロから9月半ばには19125ユーロになる。これは、福祉住宅の建設を促進 […]

人気司会者ドラリュー氏、がんで死亡

8月25日付パリジャン紙。  テレビの人気司会者ジャン = リュック・ドラリュー氏が8月23日、胃がんのため死去した。48歳だった。テレビやラジオの司会者として25年間活躍したほか、番組制作会社を経営していた。テレビM6 […]

Cours municipaux d’adultes

 パリで暮らす成人なら誰でも申し込めるパリ市民講座。今年も語学やビジネス、コンピューター関連やアートなど12分野にわたる457講座が開講。申し込みは9月3日〜10日。詳細はparis.fr、または各区役所にて分厚いパンフ […]

ベルギーの新年

 ベルギーの新年は9月?などと深く考えることなかれ。在仏ベルギー人がユーモアを込めて考案したこの音楽イベントは今年で5年目を迎え、エレクトロファンには見逃せないフェスティバルに変貌。今年もモンマルトルが街をあげて「新年」 […]

Carbon12 : à la découverte du clim’art

   生命の源泉であり、環境を左右する重要な元素である炭素をテーマに、アーティストと研究者がコラボレーション。現代の環境問題を考えるビデオ、立体作品、写真など。 9/16迄(月休)。 Espace Fondat […]

Eugène ISABEY(1803-86)

 風や光で刻々と変化する風景を巧みなデッサンと繊細で鮮やかな色使いで表現。ノルマンディーやブルターニュの海景画に優れた作品が多い。イギリスの風景画に影響を受け、ヨンキントやブーダンなど次世代の画家たちを育てる。9/17迄 […]

そう若くもない新郎新婦が準備した素人臭い出し物

  「カトリーヌとジャン = ポールの婚礼へようこそ!」というシチュエーションの中でこの舞台は幕を開ける。私たち観客は二人の近親、遠い親戚、友人や職場の同僚、という設定だ。招待客を退屈させないように、そう若くも […]

アミアンで若者と治安部隊が衝突

 8月13日夜、仏北部アミアンで約百人の若者と治安部隊110?150人が衝突し、治安部隊員17人が負傷し、公共の建物が破壊されたり、車が放火されたりした。若者たちは発砲や投石を行い、警察は催涙ガスやゴム弾で応酬。この暴動 […]

地域圏議会議員がチュニジアで暴行される

 8月16日、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏議会議員であるジャメル・ガルビ氏(62)が出身地のチュニジア・ビゼルトで妻と娘とともに散歩していたところ、妻や娘の肌を出した服装をめぐって、50人ほどのサラフィー主義者(イスラー […]

ドーヴィル・アメリカ映画祭

   第38回アメリカ映画祭がドーヴィルにて8月31日より9月9日まで開催。一般にも開かれ、期間中は24時間映画を上映。1日パス30€(12€)/ フェスティバルパス150&# […]

ロンドン五輪、フランスはメダル34個

 7月27日から8月12日まで開催されたロンドンオリンピックで、フランスは金メダル11個、銀メダル11個、銅メダル12個の計34を獲得し、メダル獲得ランキング7位と健闘した。とくに目立ったのは水泳(男子400mリレー、男 […]

リベリとベンゼマ、未成年買春で書類送検

 プロサッカーのフランク・リベリとカリム・ベンゼマ両選手が未成年買春に関与した疑いで軽罪裁判所に8月10日付で書類送検されたことが、14日付パリジャン紙で報じられた。この疑惑は、シャンゼリゼ大通りにあるバーに出入りしてい […]