L’Age d’or de la peinture danoise(1801-64)

L’Age d’or de la peinture danoise(1801-64)
Martinus Rørbye, Loggia à Procida, 1835. Huile sur papier collé sur toile. Stockholm, Nationalmuseum Photo : Cecilia Heisser/Nationalmuseum

2021年1月3日(日)まで

1801年から約半世紀間、デンマークは政治的に弱体化、国の財政も破綻したが文化芸術は花開き「黄金時代」と呼ばれた。王立美術学校教授クリストファ・エガスベアと彼の弟子で後に大成した画家、彫刻家たちの作品200点。船着場風景を描いたクリステン・クプゲ、滞在したイタリアや窓辺の風景を描いたマーティーヌス・ラアビューなど。


Petit Palais

Adresse : Av. Winston-Churchill, 75008 Paris
月休10h-18h 金-21h。13€。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る