Kali


マルチニーク島のミュージシャン、カリについて、90年代の初めにこんなことを書いた。「砂糖キビ畑で疲れた体を休めているときに、ふと口ずさみたくなるメロディーの懐かしさと安らぎを持っている。軽妙なカリのバンジョー(…)あっちの畑では誰かが太鼓をたたいている。ビギンやマズルカのリズムにのって、ぼくらも腕を組みながらクルクル回ろうね」。今でもこの『Racines』の1枚目は大傑作だと思う。やはりマルチニークのグループ、マラヴォワの、ヴァイオリンが奏でる都会的で上品なビギンではなく、バンジョーから生まれるたぐいまれな、ひなびた美しさ。1992年にはユーロビジョンにフランス代表で参加し、クレオール語で歌って話題になった。

カリが今どんな音楽をやっているのか?YouTubeをのぞくと、ときにはレゲエやカリプソ、カーボベルデのモルナに近づいたりしているが、彼本来の歌心は変わらない。今回の公演は、ほかにギターと打楽器だけとシンプルなだけに期待大。バラードの名曲『Abandon』などを歌ってほしい。(真)
12月6日 20h開場/21h開演。32€。

予約は早めに


New Morning

Adresse : 7-9 rue des Petites-Ecuries, 75010 Paris
TEL : 01.4523.5141
アクセス : M° Château d’Eau
URL : http://www.newmorning.com

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る