プラティニ氏に事情聴取


6/17
ミシェル・プラティニ欧州サッカー連盟(UEFA)前会長はサッカーW杯開催地に関する汚職疑惑で参考人として15時間にわたる事情聴取を受け、翌日未明に放免された。2010年11月に大統領府でサルコジ大統領(当時)、プラティニ氏、カタール首長のタミーム・ビン・ハマド・アル=サーニ氏らが昼食会を持ち、その際の話し合いにより、プラティニ氏が2022年のサッカーW杯開催地としてカタールに投票する見返りに利益を享受した疑い。当時の大統領府事務局長ゲアン氏、スポーツ顧問ソフィー・ディオン氏も事情聴取された。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る