CSAがC 8局を処罰

6/7
視聴覚高等評議会(CSA)は、カナル・プリュス系C8局のバラエティー番組「Touche pas à mon poste」の放映中と放映前後15分間にCMを流すことを禁止する処罰を下した。処罰期間は6月末までの3週間。この処罰は、昨年11月の同番組で、やらせの激しい暴行場面を放映したこと、12月の番組で人気司会者シリル・アヌナ氏が自分の性器をズボンの上から女性記者に触らせたことに対して。最近問題になったアヌナ氏のホモ嫌悪的発言は対象ではない。同番組はC8の看板番組で同局の広告収入の半分を占めるため、大きな痛手だ。