スイーツ

La Tarte|決定版のキッシュとタルトに出会える。

ここの看板商品、リンゴのタルト(6€/持ち帰り5.5€)が秀逸! 四つ切りにしたリンゴがたんまりとのった厚みのあるタルトなので、タルト・タタンかと見紛うが、リンゴの酸味を感じる控えめな甘さでシナモンが効いているので、これはまさにリンゴのタルト。自家製のパイ生地は、脂っこくなく、生 [...]

Laurent Favre - Mot|ありきたりじゃない至福の菓子にため息。

年末が近づくと、なにかと友人宅を訪問する機会が増えるもの。で、アタマを悩ませることになるのが、その際の手みやげのアイデア。パリにケーキ店は数多くあれど、決してしつこくなく個性的で控えめな甘さにシビレルお菓子なら断然ココです! ヒゲとタトゥーというハードな外見とはうらはら、バニラの [...]

Bontemps|美しく、おいしい季節のフルーツたっぷりのサブレ。

友人宅へのおよばれなどで、手みやげに困ったらぜひここへ。まず試したいのは、店の看板商品であるサブレ・ブルトンで作られた一口大の小さなデザート〈ボントン〉 (1個1.7€/ 9個箱入15€/16個箱入26€ )。ピエモンテ産のヘーゼルナッツ、レユニオン島のパッションフルーツ、バナナ [...]

Torrons Vicens|スペインの伝統菓子、トゥロンがパリにやってきた!

 トゥロン、その名前を聞いて目を細めないスペイン人はいないだろう。それほど根強く愛され、とりわけクリスマスの時期には街を賑わし、食卓を飾る菓子なのだ。 卵白、砂糖、アーモンドから作られるマサパンは、トゥロンの原型で、南仏の名物菓子カリソンに近い。それにハチミツを加え生まれたのがト [...]

Le P’tit souk|オリエンタルなお菓子

ママヌおじさんのクスクス店(732号で紹介)でデザートとして食べたお菓子があまりにおいしかったので、その菓子を卸している店へ足を運んでみた。  ウインドーには色とりどりのオリエンタルなお菓子がたくさん積まれている。オレンジフラワーなどで香りづけた、クルミやアーモンド、ピスタチオな [...]

La Fabrique à Gâteaux|小さなケーキ屋さん

 知らなければ通り過ぎてしまうような、小さな間口の小さなケーキ屋さん。サンマルタン運河近く、このところめきめきおしゃれ度が増してきているヴィネグリエ通りに、リザさんとアリスさん2人のパティシエールがオープンさせたばかり。すべて2人でまかなっているので、品数は少ないが、新鮮な、季節 [...]

Petites Merveilles de Damas|シリアのチョコレートやヌガー

 バラの花びらとピスタチオをふんだんに使ったシリアのチョコレートやヌガーの店。  アラブ諸国の菓子と聞くと、非常に甘く油っぽいのではと敬遠しがちだが、シリアの菓子は、甘さがかなり控えめで軽やか。日本茶のお供にもいいくらい上品だ。  特に注目は、バラの花びらとハチミツをビターチョコ [...]

G.Detou|製菓材料の店

 1951年創業の製菓材料の店。プロのパティシエはもちろん、お菓子作り好きなマダムなどで連日にぎわっている。用途によってさまざまな形状をしたチョコレートやマダガスカルやタヒチ産のバニラビーンズ、ジャムやフレーク状のメープルシロップ製品、ジャム作りに使うペクチン、天然の香料や着色料 [...]

Meert|リールのワッフルが主力商品

 創業1761年の本店がリールにある、老舗のお菓子屋さん。リールのワッフルが主力商品だ。リールのワッフルは、ベルギーのワッフルとは違い、型で焼いた薄い生地でバターと砂糖を挟み、アツアツでなく常温で食べる。一週間くらいなら日持ちするので、ちょっとした手みやげや日本へ持って帰るのにも [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る