コロナ調査委がスタート

6/16
コロナ危機の政府の対応についての国民議会調査委員会が聴取を開始した。聴取と調査は今後6ヵ月続く。初日はサロモン保健総局長が政府のコロナ対策を擁護。ブルディヨン前公衆衛生局長は10億枚のマスク調達を2018年8月に保健総局に提案したが、同局は1億枚しか発注しなかったこと、一般向けマスクは不要という当局の「信念」を遺憾とした。24日に聴取されたラウルト教授は初期に大規模検査を実施しなかった政府を非難。教授の推奨する治療薬クロロキンが経済界の利益のため認可が取り消されたことを強く批判した。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る