Uber運転手は被雇用者

3/4
フランス破棄院は、配車サービスUberのドライバーは独立契約者ではないとの判断を下した。運賃や道順を強制されること、配車を3回拒否すればプラットフォームから削除される可能性があることなどがその判断の理由。

元Uberドライバーの訴えを受けて、昨年パリ控訴院がドライバーは被雇用者であるとの判決に対して、仏Uber社が上訴していたもの。

仏では初めての判例となるが、カリフォルニア州ではUberドライバーを被雇用者とする法律が昨年9月に成立。破棄院判断によって他のUber方式の雇用モデルが見直される可能性も。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る