無駄撲滅法案、最終成立

1/30
プラスチック使用などを制限する無駄撲滅法案が国会で最終成立した。同法案は2025年のプラスチックのリサイクル100%、2030年までに使い捨てペットボトルの使用を半分にする目標に掲げる。2040年までにプラスチック包装を禁止する条項について産業界は「非現実的」と反発。また、拡大生産者責任を適用して、建材、玩具、園芸用品などの使用済製品の処理費用を2022年から生産者に負担させる。ファストフードのプラ容器の23年からの全面禁止、酸化型分解性プラスチック製品禁止、製品の修理情報記載の義務づけなども。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る