印、ラファール36機発注

rafale-inde

9/24
ルドリアン仏国防相とパリカル印国防相は仏戦闘機ラファール(ダッソー社製)36機の売買契約書に正式に調印した。納品は2022年頃になる。技術移転も含む契約総額は80億ユーロで、4月のオーストラリアへの潜水艦売却に匹敵する大型受注だ。インドはパキスタンとの国境紛争や中国けん制のために軍事力増強を必要としており、最新世代の空対空ミサイルを搭載する同機の導入で軍備の近代化を図る。当初、インドは自国でラファールを組み立てることを望んでいたが、最終的には完成品が納入されることに。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る