バニエ被告、執行猶予

8/24
ロレアルの大株主リリアーヌ・ベタンクールさん(93)の精神的衰弱を利用して不当に金銭を得たとされる被告4人に対し、控訴審判決がボルドー控訴院で言い渡された。総額4億5千万ユーロの恩恵を得た写真家フランソワ=マリ・バニエ被告(67)は精神的支えになったことが認められ、1審の禁固3年の実刑判決から執行猶予付禁固4年に軽減。1審の1億5800万ユーロの慰謝料支払いも撤回され、罰金37万5千ユーロに。また、1審で禁固6ヵ月を言い渡された公証人パトリス・ボンデュエル被告は無罪、弁護士パスカル・ヴィレルム被告も執行猶予刑に軽減された。