サルコジ氏、大統領選出馬

8/22
サルコジ前大統領が24日発売の自著で来春の大統領選挙の右派・中道公認候補を決める予備選出馬を表明していたことが明らかに。前大統領は同書で移民の家族呼び寄せ中止や仏国籍取得条件の厳格化などを政策として掲げる。左派では現政権に参加する左派諸党の統一候補予備選挙が1月末に予定されているが、反政府派のアモン前教育相が16日に、同派のモントブール前経済相も21日に出馬を表明したほか、政府に賛同する候補も数人名乗りを挙げており、12月に態度を表明するオランド氏の対抗馬が誰になるか注目される。