テロ懸念、イベント中止続出

8/5
オブリ=リール市長はニースのテロを受け、毎年9月上旬に同市で開催される欧州最大の蚤の市を取り止めると明らかにした。10km四方に渡る広範囲での警備強化は無理と判断したため。ニースの欧州自転車ロードレース選手権(9月)、パリのシャンゼリゼ大通りの歩行者天国(8/7)、マルセイユの仏空軍のアクロバット大会(8/13)など各地で行事の中止が決まった。行事が敢行される場合は警備が強化され、15日に聖母被昇天の祭日を祝ったルルドでは500人の警官・兵士が警備に当たった。各地で観光業への影響が懸念される。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る