シェールガス調査採掘にガール県でデモ

2/28
ガール県バルジャック市で、シェールガス採掘に反対するデモに、グリーンピースら環境保護団体や地元の政治家・市民7千~1万5千人が参加した。トタルグループが申請したドローム県における調査目的の採掘を裁判所が最近許可したことを受けてのデモ。フランスでは2011年に環境へ及ぼす影響が大きいとされる水圧破砕法によるシェールガスの採掘を禁止する法律が制定されたが、調査採掘は禁止されていない。反対派は調査採掘も含めたシェールガス採掘禁止の法制化を要求している。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る