スクールバスの事故で高校生6人が死亡

2/11
仏大西洋岸のロッシュフォールでスクールバスが事故にあい、乗っていた高校生15人のうち、6人が死亡、2人が負傷する惨事となった。対向車線のトラックの荷台の側面部分の鉄板が水平に開き、それがバスの側面を切り裂いた。トラック運転手(23)は業務上過失致死傷害の疑いで逮捕された。事故当時はまだ薄暗く霧が出ていたため、バスの運転手は気づかなかった模様で、事情聴取を受けた後放免された。側面が開いた原因やトラック運転手が気づかなかった理由などが捜査されている。