傾いて遭難した船:無事にビルバオ港に到着

2/3

船体が傾いて遭難していた韓国製パナマ船籍の「モダン・エクスプレス号」(全長164m)が牽引されて無事にスペイン・ビルバオ港に入港した。この船は3600トンの木材と300トンの軽油を積んでガボンからル・アーヴルに向かっていたが、1月26日に船体が40~50度傾いて遭難し、31日には仏大西洋岸アルカションの海岸44kmまで迫っていた。26日に乗組員22人がヘリコプターで救出された後、仏海軍のフリゲート艦などがえい航を行ったが、強風と高波で失敗。当局は海岸の汚染防止対策を採って座礁に備えた。しかし2月1日には天候に恵まれてえい航に成功した。