SNCMの再建:コルスの実業家に

11/20

マルセイユ商事裁判所は、フランス本土とコルス、北アフリカを航行するコルス地中海国営会社(SNCM)の再建者として、パトリック・ロッカ氏を任命した。SNCMは、2014年末に会社更生下に置かれ、コルスの企業連合「Corsica Maritima」やギリシャの海運会社など、計4社が買収の名乗りを上げていた。コルスの実業家ロッカ氏のオファーは、SNCMの社員1438人のうち865人の雇用を維持するもので、4社のなかでは最も解雇数が少ない。しかし、ロッカ氏は2014年2月に、会社財産横領罪で執行猶予付禁固3ヵ月の有罪判決を受けており、再建者としての適格性に首を傾げる向きもある。SNCMの労組は裁判所の決定に反発しており、ストを呼びかけた。