ヴァルス首相、サルコジ前大統領、オランド大統領

9月27日、フランスはシリア北部ラッカ市の 「イスラム国」訓練キャンプを空爆。

「シリアの〈イスラム国〉を爆撃したが、テロリスト組織がフランスでのテロを準備していたからで、正当防衛である」

同日、ヴァルス首相の声明。

11月13日、パリ、パリ近郊で同時多発テロ。死者130人、負傷者350人以上。

「テロリストたちがフランスに宣戦布告した。(…) 私たちは全面戦争で応じなければならない」

11月14日、サルコジ前大統領の声明。

11月20日、ロシアによる「イスラム国」空爆で、在英シリア人権監視局によれば36人 (うち子ども10人)が死亡。
11月23日、シリア沖の仏軍航空母艦シャルル・ドゴールからの空爆開始。

「空爆はさらに強化されるだろう」

同日、オランド大統領の声明。

シリアの内戦による市民の死者は4年間で7万人以上、そのうち子どもは1万2千人以上に達する。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る