残酷な屠畜(とちく)方法:南部の屠畜場営業停止

10/14
南仏ガール県アレス市営屠畜場で残酷な屠畜方法が取られていることを告発するビデオが公開された。このビデオを公開したのは動物擁護団体「L214」で、血抜きのために吊り下げられた牛があばれる場面や多数の豚を窒息させるために穴に詰め込んでいる様子が映っている。これを受けて、アレス市長は同日、市営屠畜場の一時的な営業停止を決め、内部調査を行うとした。屠畜における動物保護に関するEU指令では、動物に恐怖を抱かせない方法で失神させてから迅速に屠殺すること、適切な能力を持ち認可を受けた者が行うことが義務付けられている。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る