ロシアに売らなかった空母:エジプトが買い取り

9/23
仏大統領府はロシアへの売却をキャンセルしたヘリコプター空母「ミストラル」2隻をエジプトに売却することでフランス・エジプトの両国大統領が合意したと発表した。売却額は9億5千万ユーロと推測される。同空母は元々はロシアから発注されたものだが、ロシアのウクライナ干渉に反対する姿勢からフランスは納品を取り止め、全額をロシアに払い戻すことで両国が8月5日に合意。その合意を許可する法案が国会で9月末から審議される。同法案によると払戻し額は9億4980万ユーロ。オランド大統領は「フランスは損することなく空母を売った」と発言。ほかに、マレーシア、カナダ、インドも名乗りを上げていた。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る