シーフランス社員:カレー港を封鎖

6/30
カレーと英ドーバーを結ぶMyFerryLinkを運航するシーフランス社の従業員がカレー港を封鎖する抗議運動を開始した。この影響でユーロトンネル近くの高速道路で大きな渋滞が発生し、ユーロスターも一時的に運休した。同社は2011年に一度倒産し、ユーロトンネル社がフェリー3隻を買い取って、従業員の支援を得た参画協同組合(SCOP)が運営する形で再スタート。しかし、経営は改善されず司法再建下に。ユーロトンネル社はSCOPとの契約を7月1日に打ち切り、フェリーをデンマークのDFDS社に売却することを決めた。DFDS社は577人の社員のうち202人のみ維持すると提案したため、SCOPは抗議運動に入った。フェリー運行はP&Oを除いてダンケルクに移されるなど混乱が続いている。