閣外相辞任に伴い 政府、ミニ改造

6/17

大統領府は閣外相数人の入れ替えを声明で明らかにした。健康上の理由で3月に辞任したフィオラソ高等教育担当相の後任にはティエリー・マンドン国家改革担当相が就任し、国家改革担当相にはクロチルド・ヴァルテール国民議会議員が就く。12月の地域圏議会選挙運動に専心するために辞任するキャロル・デルガ商業・職人・消費担当相の後任にはマルチーヌ・パンヴィル国民議会議員。今回はオランド大統領派の人物が昇進したミニ改造だが、12月の地域圏議会選後に本格的な内閣改造が行われるとみられている。