FN市長 やり直し選挙で当選

5/31
南仏ル・ポンテ(ヴォークリュース県)の市議会議員のやり直し選挙で、国民戦線党(FN)のジョリス・エブラール市長(33)率いる候補者リストが第1回投票で59.43%を得票し再選された。同市長のリストは2014年春の市議会選で市政を握ったが、選挙に破れたUMPと社会党候補が投票者リストの不備を訴えて認められ、やり直し選挙となった。同市長は低所得世帯の学校の給食費無料を廃止して物議をかもした。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る