今が食べどき●artichaud

 6月から9月いっぱいがアルティショーのシーズン。見かけだけでひるまずに調理したい。ちょっとクワイに似た風味と苦みが貴重。ビタミンも豊富だし、疲れた肝臓をいやしてくれる効果もある。
 ブルターニュ産でカミュと呼ばれる大きなアルティショーは、30分から40分くらいゆでてから、一枚一枚葉をむしりとっては、その付け根をビネグレットソースにつけながら食べていくと、おいしいフォンfond(花托)が現れる。ゆで方などは746号参照してください。
 ヴィオレvioletというプロヴァンス産の小さめのアルティショーは、5、6個が葉の付いた茎ごと束ねてあるが、茎が固くしっかりとしていて、その切り口がみずみずしいものを選ぶこと。南仏の人は、花托のところを薄く切って生のまま、オリーブ油ベースのビネグレットソースで食べるのが一番だと言う。やはりオリーブ油でニンニクやタイムの香りをきかせて炒めても、うまい!(真)


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る