オランド大統領の顧問が辞任

 4月18日、オランド大統領の政治顧問であるアキリノ・モレル氏が辞任した。ネット新聞メディアパールの17日の報道によると、同氏は社会問題監察総監(IGAS)で働いていた時代に、内緒で複数の製薬会社の顧問を務め、たとえば2007年にはデンマークの製薬会社から1万2500ユーロの謝礼を受け取った。IGASは18日、当時、モレル氏から製薬会社の顧問として働くという申請は受けなかったとした。IGASは保健関係の監督を担う行政機関であるため、製薬会社のために働くことは利害相反行為に当たる可能性がある。モレル氏は利害相反行為はなかったとしているが、自由な立場から弁明するためと、大統領や政府に迷惑をかけないために辞任すると説明している。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る