冬季五輪、フランスのメダルは15個

 ロシア・ソチで2月7日に開幕した冬季オリンピックは23日に終了した。フランスは金メダル4個、銀4個、銅7個の計15個を獲得してメダル数で10位と、冬季五輪では過去最高の成果を上げた。とくに男子スキー種目での活躍が目立ち、バイアスロン男子ではマルタン・フルカド選手が金2個(個人、パシュート)、銀1個(マススタート)と1人で3メダル。スキークロス男子ではジャン=フレデリック・シャピュイ選手を筆頭に金・銀・銅を独占。スキー競技に比べ、スケート競技は不振に終わった。