パートタイムは原則、週24時間以上に

 1月1日からパートタイム雇用契約は原則、週24時間以上が義務付けられた。これは、昨年1月の労使合意に基づいて、雇用安定促進のための2013年6月14日法に盛り込まれた措置。ただし、既存の雇用契約については2016年まで適用が延期できるが、被雇用者が求めれば、雇用者がそれが不可能なことを証明しない限りは24時間以上にする義務を負う。この点は昨年の合意になかったとして、中小企業連盟は猛反発。ベビーシッターや家事補助、介護など個人による家庭内雇用、26歳未満の学生アルバイト、派遣社員、被雇用者自身が24時間未満を希望する場合は例外。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る