藤田画伯の作品を遺族が贈呈

 ランスのノートルダム・ド・ラ・ペ礼拝堂(藤田礼拝堂)のフレスコ画を制作した藤田嗣治画伯(1886-1968)の遺族が、ランスに油絵15点やステンドグラス、陶器、フレスコ画のための素描画など計663点を寄贈することが発表された(3/24)。2018 年に同市に開設される美術館に藤田作品の常設会場が設けられる。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る