パリで反原発・反核デモ

 3月9日、パリで反原発・反核デモが行われ、警察発表で4000人、主催者発表で2万人が参加し、国民議会、経済省、フランス電力会社(EDF)、アレバ、BNPパリバ銀行など18の建物を「フクシマを繰り返すな」と叫びながら、「人間の鎖」で包囲した。デモを主催したのは反核団体のネットワーク「Sortir du nucléaire」。福島の原発事故から2年を記念して被災者への連帯感を示すとともに、原発と核兵器廃止、とくに築30年以上の原発の閉鎖を求めた。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る