マリ北部で、フランス人2人誘拐される

 11月23日深夜、マリ北部のホンボリ地区のホテルに宿泊していたフランス人2人が誘拐された。2人は地質学者で、仕事で同地に滞在していた。「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQMI)」による犯行と見られるが、25日までに犯行声明は出ていない。ホンボリ地区は仏政府によって第2レベルの危険地区に指定されている。隣国のニジェールでは、アレバグループの社員である4人のフランス人が2010年9月から誘拐されたまま。