フランスを代表するアコーデオン奏者、ダニエル・コラン

CD発売と、最後の来日コンサート
 6歳から弾き始め、フランスはもとより、世界を代表するアコーデオン奏者である、ダニエル・コランの最後の来日コンサートツアーが開かれる。
 パリのアコーデオン音楽のエスプリを最もよく伝えると評されてきたダニエル・コランは、64年のキャリアの集大成ともいうべきアルバムを今春パリで録音。コラン自身のオリジナル曲、パリ・ミュゼットの雰囲気を伝える曲、エディット・ピアフやシャルル・アズナブールのヒット曲、タンゴ曲や世界的大ヒット曲「オー・シャンゼリゼ」等、多彩な曲に加えて、愛する日本へのオマージュ曲も2曲収録されている。
 コンサートツアーは札幌、東京、沖縄、熊本、大分を、ギター、ピアノ、ボーカルのメンバーと共に巡る。情感あふれるアコーデオンの音色を楽しむひとときを。
12月8日(木)札幌・ザナドゥ 
問合せ:札幌パリミュゼット実行委員会 
011-222-8522(18時以降)
12月10日(土)東京HAKUJU HALL
問合せ:サンライズプロモーション東京 
0570-00-3337
12月11日(日)沖縄桜坂劇場ホールA
問合せ:桜坂劇場 098-860-9555
12月13日(火)熊本・CIB
問合せ:キーブ 096-355-1001(17:30以降)
12月14日(水)大分・ブリックブロック
問合せ:ブリックブロック 
097-536-4852(18:00以降)
CD : ダニエル・コラン「私の心はアコーディオン」 リスペクト・レコード : 03-3746-2503
http://www.respect-record.co.jp/discs/res198.html