ジロル茸

 他のキノコに先がけて、小さな、オレンジ色をしたジロル茸が出回っている。表面が乾いていて、触った感触がやわらかく、しみがないものを選びたい。じめじめっとしているものは避けること。安めの東欧産が出回っているが、やはり摘んでから時間の経っていないフランス産の方が香り高い。水で洗うのは厳禁。ついている土や枯葉は、ナイフの先や湿った布巾で掃除。
 フライパンに少量の油やバターをとって炒めるのが一番。中火です。きざんだニンニクを加え、キノコを加え、軽く、塩、コショウ。しんなりとして、つやが出てきたらでき上がり。キノコから出た水気をすててパセリを散らす。子牛肉や豚肉料理の付け合わせに最適。オムレツに入れてもいい。ジロル茸入りのリゾットやタリアテッレもうまい。生のままサラダに加えるのもしゃれている。