血合いのショウガ煮

 血合いのところを2センチほどの角切りにする。中骨に残ってしまった身も、もったいないからそいで使います。小鍋にしょう油と砂糖を好みの量加え、水あるいは酒を、しょう油の3、4倍ほど加えて中火にかける。沸騰したらおろしショウガをひとつまみ入れ、血合いを入れる。よく混ぜ合わせ、再沸騰したら弱火に落とし、フタをして10分ほど煮るだけだ。フランス人の友人たちにも好評で、ボクはアペリチフのおつまみがわりに出すことにしている。冷水にさらした針ショウガをのせると、さらにうまい。