違った角度から震災を表現

●SEISME(S)  lecture/débat
 12世紀から現代にいたるまで、日本人文学者は震災や津波について表現し続けてきた。「震災文学」とも呼べるそれらのテキストにインスピレーションを受けたミシェル・ポマレドとジル・マルディロシアンが、詩の朗読に東京、広島、長崎から集めて来た音源や様々な音響効果をミックス。メディアの震災報道がどんどん減り、震災は人々の記憶の底に埋もれてしまいがちな今だからこそ、違った角度から震災を表現する。(貴)
9月22日 19h〜 入場無料

La Maison des Métallos

Adresse : 94 rue Jean Pierre Timbaud, 75011 paris
TEL : 01.4805.8827

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る