トゥールーズ:歴史とグルメと活気にあふれるトゥールーズへ。

トゥールーズ:歴史散歩の後は、ガイヤックで乾杯!

サンセルナン・バジリカ聖堂
サンセルナン・バジリカ聖堂

トゥールーズで道に迷ったら、町の北の空に美しくそびえるサンセルナン・バジリカ聖堂を目印にするとよい。スペインへ向かう巡礼者たちを迎え入れるために11世紀に建てられたこの聖堂は、ロマネスク様式としてはヨーロッパ一大きいとされている。毎週土曜の朝には、この聖堂をぐるりと囲むようにのみの市が開かれ、約60並ぶスタンドは地元民や観光客で賑わっている。
トゥールーズの歴史は、町を暖かい色で彩るレンガが教えてくれる。レンガ建築の歴史は古く、ガロ=ロマン時代の全盛期には、この地には33ものレンガの小工場があったという。その後、3世紀ころからは古いレンガが再利用されたり、石灰質の切り石やモルタル、わらや小石が混ざった土までが使われたりした。旧市街を散歩していると、荒壁土や木、レンガからなる〈corondage〉の名残りを確かめることができる。町独特のレンガ造りの建築ができたのは、15世紀に起きた大火事がきっかけ。ちょうどこのころトゥールーズではパステル産業が盛んになり、商人たちは競うようにして豪奢(ごうしゃ)な邸宅をつくった。ガロンヌ川近くにたたずむアセザ館もそのひとつで、レンガはもちろん、他の地方から取り寄せたという貴重な石もふんだんに使ってある。16世紀、「藍(あい)染王」と呼ばれた商人によって建てられたこの邸宅だが、現在は美術館として愛されている。
美術鑑賞を楽しんだ後は、ポン・ヌフを渡って左岸へ。ゆったり流れるガロンヌ川沿いに広がる緑の芝生〈Prairie des Filtres〉は、家族連れや若者であふれるよう。柳の枝がさらさら揺れる音が聞こえる中、昼寝をしたり、新聞を読んだり、みな思い思いに過ごしている。
その夜は、地元の学生イチオシのバーへ。トゥールーズはパリに次いで2番目に学生が多いだけあって、〈Le Comptoir des Carmes〉の店先は若々しい活気にあふれていた。鉄板で焼いたハンバーガーなど、いかにも学生が好きそうな料理にも惹かれたが、私たちはマテ貝やムール貝、ぷりぷりしたイカがたっぷりのっている一品を注文、トゥールーズから遠くないガイヤック産のワインで乾杯した。(さ)

のみの市
のみの市
オック語とフランス語が 併記されている。

オック語とフランス語が 併記されている。
アセザ館

アセザ館
ガロンヌ川沿いに広がる緑の芝生〈Prairie des Filtres〉

ガロンヌ川沿いに広がる緑の芝生〈Prairie des Filtres〉
〈Le Comptoir des Carmes〉

〈Le Comptoir des Carmes〉
corondage。 一般的には colombage ということが多い。

corondage。 一般的には colombage ということが多い。
ルネサンス様式の邸宅ではレンガが くっきり白で 区切られている。

ルネサンス様式の邸宅ではレンガが くっきり白で 区切られている。
1 2 3 4 5 6

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る