ジャック・タチが遺したシナリオ

●L’illusionniste
 そのたたずまい、どこから見ても「ぼくの伯父さん」。初老の「ユロ氏」風マジシャンは、酸いも甘いも淡々とやり過ごし、腕一本で相棒のウサギとともに巡業中。本日はエジンバラのバー付き宿屋での仕事が舞い込んだ。なぜか意外と居心地良さそうなこの町で、いつしか言葉も通じぬ娘さんと心通わすようになり…。
 ジャック・タチが遺したシナリオを基に、『ベルヴィル・ランデブー』で名高いアニメ作家シルヴァン・ショメが映画化。娘はやがて女になり、ウサギはいつか野に帰るだろう。哀愁漂うマジシャンの、はかなくもいとおしい巡業の日々。完璧主義者で知られたタチも、きっと本作の映画化を天国で喜んでいるはず。対象年齢は10歳~。(瑞)