Clemence (23) / Cedric (27) 二人の共通点は? 「揃って嫉妬深いのよ」

 さらさらのブロンドヘアと長い手足の正統派美女クレマンスさん、派手なジェスチャーと下品なギャグがお得意のお笑い系セドリックさん。ナイトクラブやプライベートなイベントを盛り上げる、DJユニット〈la Belle et la Bête〉だ。3年前、クラブで知り合い、意気投合。コミュニケーション科の学生だったクレマンスさんは、ある晩、ゴシップ欄のコメンテーター、セドリックさんの自宅に行って仰天した。タバコの吸殻、雑誌や洋服が散乱し、絵に描いたようなむさくるしい、男の一人住まい。しかし「裏表のない気取らない性格が見えたの」とクレマンスさん。幼なじみとシェアするアパートから、すぐに引っ越してきた。その後、彼の紹介でエマニュエル・ウンガロの広報アシスタントをするようになって、大学を中退。それを機に、二人用のアパートに移ろうと提案したが、返事はNO。「好きな子でも財布の中身まで分け合いたくない」というのがセドリックさんの本音だった。ステディな関係になれば同棲が自然にみえたフランスでも、この傾向は年々広まっている。
 ところでシャンゼリゼに近い彼のワンルームには、トイレ以外には、一人になるスペースがない。コンロもない。ファーストフードに頼る日々。2年後、ついにキレてしまった彼女を前に、セドリックさんは決断した。11区に寝室、居間、台所つきの部屋を一緒に借りる。それを機に婚約もした。「とはいっても二人の約束ごとに過ぎないんだ」。結婚の意志はない。婚約者でいるだけ、それはそれでロマンチックな気もする。二人の共通点をたずねてみた。「嫉妬(しっと)深いのよ。パソコンや携帯メールまでチェックしあうんだから!」。いやはや、息が詰まりそうだが…。一年前から二人でDJ活動を始め、今ではパリや地方のほか、ロンドンやベルリンにも出かけるほどの売れっ子に。でもクレマンスさんは、今迷っている。「ウンガロの契約期間が切れたし、もう一度、大学に戻ろうかと悩んでいるの」。セドリックさんは猛反対しているが…。(咲)
   
これから相手に期待したいことは?
「必要だと思う時は、そばにいてね!」(ク)
「もっとアムールを!  充実したセックスライフを!(セ)

前回のバカンスは? 
「1月の終わり、マラケッシュへ。初日から病気になったから、ちっとも楽しめなかったわ。一日でも早くパリに戻りたかった」(ク)

夢のバカンスは?
「パリを離れて彼女と暮らしたい町はNYだよ」(セ)

最近二人で観た映画は?
「数奇な運命の『ベンジャミン・バトン』。上映時間の長さにおしりがいたくなっちゃたわ」(ク)

お気に入りのクラブは?
「パリで〈何か〉が毎晩起こっている、レアールのシャシャ」(セ)Chacha club : 47 rue Berger 1er   01.4013.1212

カップルとしての満足度を5つ星でいうと?
同時に1つ星(セ)、5つ星(ク)と答えた後、顔を見合わせ、そろって ★★★★ と言い直した。


二人にとって「子供のような存在」だというroccoは5カ月。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る