グラナ・パダーノ

 イタリア産チーズでいちばん名高いパルメザンというと、ふつうパルミジャーノ・レッジャーノParmigiano
reggianoのことを指すけれど、それと味も形も兄弟のチーズがグラナ・パダーノ。どちらもパルマおよびその周辺で12世紀くらいから作られている牛
乳チーズで、高さ20センチ前後、直径40センチ前後、重さ30キロ前後と似たり寄ったり。グラナというのは「つぶつぶ」という意味で、そういえばどちら
のチーズも、熟成が進むとアルミ酸が粒子になって歯にシャリッと当たる。実はパルミジャーノ・レッジャーノはグラナの一つなのです。グラナ・パダーノの方
が生産量が多く、熟成期間もやや短いので値段が安いから、イタリアでは、ふだんのおろしチーズにはこちらを使う方が多い。
 写真のグラナのように
熟成期間が2年近いものは食後にもおすすめ。じっくりかみしめると、まずクリーミーな風味が広がり、その後にグラナ特有の、ちょっと昆布をかみしめた時の
ようなうまみが広がる。身がぽろっとくだけやすいので、ナイフの先を立てて軽く力を加え、自然に割れるのを待ちます。(真)


Grana Padano



 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る