ソシエテ・ジェネラルの巨額損失疑惑。

 フランス第3位の銀行ソシエテ・ジェネラルの若いトレーダー、ジェローム・ケルヴィエル氏(31)が、昨年以来、架空取引をねつ造しながら欧州の株価指数先物の持ち高が490億ユーロ(約7兆8千億円)に達するまで不正取引を行い、株式史上最高額49億ユーロの巨額損失を出した疑いで世界中が騒然としている。
 ケルヴィエル氏は7年前に入行し、後方支援の事務部門を経て、2年前から融資投資部門の新鋭トレーダーだが、年収は10万ユーロ程度。昨年、15億ユーロの好成績を上げ、30万ユーロのボーナスを獲得。エリート校卒の多いなかでリヨン大卒という引け目があったのか、単独で株式指数先物取引の「鬼」となり、チェック制度を把握したうえで他の行員のアクセスコードを使って虚偽の取引履歴を入力し、発覚を逃れていた疑い。
 1月19日、ブトン最高経営責任者と経営陣がこの不正取引に気づき、23日まで政府にも知らせず何をしたかというと、実際にケルヴィエル氏の不正取引がもたらした損失は14億ユーロだが、この穴を埋めるために是が非でもと持ち高490億ユーロの株式指数先物を21日月曜から叩き売る。それが〈暗黒の月曜日〉のミニ暴落(米連邦準備理事会FRBは先手を打ち3.5%に緊急利下げを決行)に拍車をかけ、3日間で損失総額は49億ユーロに達した。「背信行為」「文書偽造」などの疑いで取り調べを受けているケルヴィエル容疑者によれば、不正取引は私腹を肥やすためではなく、同行が490億ユーロの持ち高を慌てて手放さなければ損失額は4分の1ですんだという。
 それだけではない、ブトン氏は1月24日、今まで内密にしてきた米国のサブプライム(低所得者対象の住宅ローン。債務不履行の増大で金融危機に)への投資により、同行の焦げつきは20億ユーロにのぼり、損失総額は約70億ユーロと発表。ブトン氏は責任をとり昨年のボーナスと、向こう6カ月分の給与(月10万ユーロ)を返上し、辞任を申し出たが理事会に拒否され、やむなく留任。現在、ブトン氏は55億ユーロの緊急増資を目指し、同行の株主である米系銀行と交渉中だ。
 またソシエテ・ジェネラルの米国人理事の一人、A・デイ氏が不正取引発覚の10日前(1/9-10)に、同行株9500万ユーロを売却しておりインサイダー疑惑が浮上。これらの疑惑やサブプライム問題が重なってかソシエテ・ジェネラルの時価総額はこの一年で半減し(360億ユーロ)、ケルヴィエル氏の行った不正取引額以下に。このチャンスをタカのように狙っているのがフランス最大行BNPパリバ他数行。同行買収の噂が飛び交っているなか、行員13万人(仏6万人)の将来は?(君)

1月25日付リベラシオン紙の1面。

Dico
CAC 40
(カック・キャラント 男性名詞)

 フランスの株価指数は “CAC 40″ と呼ばれているが、”Bourse de Paris パリ証券取引所” に上場されている銘柄の中から、代表的な業種に属する40銘柄を選出して作成される。”CAC” は “Compagnie des Agents de Change 株の公認仲買人協会” の略語。1987年12月31日 を1000として算出されていて、2月6日現在は4816。1月21日には、アメリカの “récession 景気後退” への懸念や各銀行への不信感がつのり、6.83%暴落。昨年の5月、6月には “CAC 40″ は6200に迫っていただけに、”les petits porteurs 一般の小株主” の間でも危機感が高まっている。(真)